3歳から歯科矯正を始める意味とは

子供のうちに矯正治療をするメリットは、様々あります。 特に歯並びが良くなることが最大のメリットと言えると思います。歯並びが悪いと、食べカスも詰まりやすくなりますし、歯ブラシも均一に当たりにくいので虫歯になる可能性が高くなりますが、歯並びが良くなることでそれは解消出来ます。

子供の矯正治療のメリットについて

3歳から矯正治療を始めようと親御さんが考えるのは、主に3歳児検診などで「反対咬合」という診断を受けた時だと思います。
反対咬合とは、いわゆる「受け口」と呼ばれるもので、下顎が少し前に突き出たような形になることを指します。
この「反対咬合」は、成長と共に改善されていくこともありますが、3歳の時点で反対咬合だと、自然に改善されるのは難しいと言われています。そのまま成長していくと、どんどんひどくなることもあるので、3歳で反対咬合の診断を受けると、場合によっては矯正治療を勧められます。
この「反対咬合」の原因は様々あります。遺伝的なものもありますが、舌で下の前歯を押すような癖があったり、おしゃぶりによるものなどが主な原因と言われています。
まだ3歳くらいの幼児期でしたら、まだ成長途中でこれから骨格が形成されていく為、大人になってからよりも矯正治療は比較的容易になります。
乳歯が生え揃った直後くらいが治療開始のタイミングとしては丁度良いので、そのくらいの時期に矯正歯科で相談をされると良いのではないでしょうか。
反対咬合の矯正治療は、主にマウスピースをつけるもので、つける時間も夜間のみなので日中の生活にはそれほど支障はありません。最初は違和感があるのですぐに外してしまったり、嫌がってつけてくれないなどの問題もあるかもしれませんが、無理強いはせずに、矯正治療を行う理由を分かりやすくお子さんに説明していきましょう。

幼少時の矯正治療の内容について

子供の矯正治療は時期や症状によって内容も異なります。 反対咬合の場合でも、元々下顎のほうが大きいかもしくは上顎が小さいといった骨格性の問題が原因なのか、歯の生える位置があまり良くなかったり、傾いていたりなどの歯性の問題なのかでも治療法が変わってくるようです。

矯正費用はどれくらいかかるのか

矯正費用は、一期治療と二期治療それぞれかかります。 矯正の種類にもよりますが、一般的な矯正治療の場合は、矯正器具の付け替えなどで毎回5000円ほど別にかかるため、治療期間が長引くほど矯正費用もかかってきます。 一期治療後に二期治療にうつるかどうかは、一期治療の経過次第です。