幼少時の矯正治療の内容について

反対咬合は要因により治療方法が異なる

反対咬合になる原因は、遺伝と環境によるものが大きいとされています。
遺伝と言われると、親御さんは責任を感じやすいかもしれませんが、反対咬合は治らないものではありません。適切な治療を受ければ確実に改善されますし、成長により自然と良くなっていくこともあります。
反対咬合の治療は、早ければ早いほど良いとされており、3歳くらいから治療が可能です。ただ、一般的な矯正治療のように最初から完全に矯正治療に入るわけではなく、最初はMFTというトレーニングから始めることが多いようです。
実は反対咬合になる原因の大半が環境によるものであることが大きく、その環境というのは「低位舌」といって、お口の中で舌が下のほうに位置していることを指しています。
これを改善させることで反対咬合の進行を止めることに効果があるとされています。

プレートをつけて上顎の成長を促す

反対咬合の治療は、MFTで終わりというわけではもちろんありません。
MFTで舌の位置を動かしながら、上顎の成長を促すためにプレートをつけていきます。
このプレートにも種類があり、症状の程度によりつけるプレートも少々異なるようです。
出来るだけ抜歯をせずに治療を進めていくのがこの幼少時における矯正治療の特徴とも言えます。
しかし、上顎と下顎の顎の大きさの差が大きい場合は、こういった治療では改善されないことが多いので、あえてこの幼少期には何もせず、骨格の成長が完全に終了した時点で外科矯正を行うことになることが多いようです。
といっても、大人になるまで全く何もしないというわけではなく、経過観察という形で定期的に診察を受けます。