矯正費用はどれくらいかかるのか

一期治療でかかる費用は

一期治療でかかる費用は、30万円から40万円前後になります。
一期治療を受けるお子さんは、大抵が反対咬合の傾向がある子が多く、その症状は軽度と中程度に分かれます。
中程度の方が、使う器具も変わってくるため費用も少々高くなるようです。
この一期治療で反対咬合などの問題が解決するようであればそのまま治療は終了し、あとは経過観察していく形になります。
しかし、この経過観察中に、永久歯の生え方に問題があったり、後戻りといって矯正前の状態に戻っていくようなら、二期治療に移行するというような形になります。
一期治療の開始年齢が小さいほど一期治療のみで終了となる可能性は高いと言えます。
3歳から矯正なんて早いのではないか、と考える親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、大人になってから行なうと、一期治療の3倍近くの費用や時間がかかってしまうので、矯正治療を行うのはなるべく早い時期の方がお勧めです。

二期治療でかかる費用は

二期治療は、小学校高学年から高校生くらいまでの時期に行う矯正治療になります。
費用は40万円から50万円ほどで、一期治療よりも少し高くなります。
この時期から矯正治療を開始するお子さんもいますし、一期治療から二期治療に移行して治療を継続するお子さんもいます。
この時期から矯正治療を行うというお子さんの場合、歯並びが悪く噛み合わせに問題が出てきたということが多いようです。
そして、一期治療から二期治療に移行したというお子さんの場合も、歯並びや噛み合わせの問題で治療継続ということが多いと言われています。
一期治療では、主に反対咬合の矯正治療をすることがほとんどで、骨格性の問題を解消していくような形をとります。しかし、それでも解消しきれずに永久歯が正しい位置に生えてこない時、見た目の審美性を良くするため、二期治療でさらに治療を進めていくという形になるのです。